フード 勝手な考察 店長のひとりごと 犬の話

ワイルドレシピのドッグフードを素直に評価出来ない理由とは?

投稿日:

ペットショップチロルの息子です。

ニュートロのワイルドレシピの売れ行きが好調らしいですね。
当店でもご使用のお客様は少しづつ増えています。

グレインフリーで高タンパクというのは選択肢の一つとしてありですが
正直今の日本の家庭犬にあっているのかと言えば疑問が残る部分もあります。

もしこれからニュートロのワイルドレシピを与えようと考えている方や
ワイルドレシピについて知りたいと思う方がいれば
ご参考にできるかもしれませんので5分ほどお付き合いください。

ニュートロのワイルドレシピの高評価に物申す

ワイルドレシピのコンセプトって魅力的なようですね。

これだけ評価が高く売れ行きが好調なのを見ると
顧客のニーズに合った販売コンセプトなんだなーと思います。

でも祖先の狼と同じような食事をってどうなの?
って思います。

以前もその話はちょっとしたんですが今回は疑問に思うことを

ワイルドレシピのコンセプトは犬よりも猫向き

 

前も言いましたがそもそも犬はオオカミではないです。

オオカミから進化?した動物で今や家畜や使役動物ではなくペットです。
なんなら人間以上に愛される家族的存在ですし

人間同様に家庭という環境で暮らし調理された食事をとるまでになっています。

これはこれで栄養学的に疑問が残る点もありますが
オオカミと同じではありません。肉食ではなく雑食ですから
オオカミと同じような食事で良いとは言えない部分があります。

犬種によっての個体差もあるので全ての犬に言えることではありませんけどね。

野生で暮らすオオカミはネコ科の猛獣と同じ肉食動物ですから
獲物となるのは草食動物や鳥類、小動物などですが
オオカミもトラやヒョウ、ライオンなどと同じ食物連鎖の頂点に君臨するので
同じ食事をとっていることになります。

つまりイヌ科だろうがネコ科だろうが同じ食事で良いということですね。
動物分類学上は猫目ネコ科か猫目イヌ科なのでまあわからなくもないです。

しかしこれが犬と猫って話になればそうはいきません。
キャットフードとドッグフードでは栄養学的に結構な違いがあります。
なのでワイルドレシピのコンセプトはちょっと腑に落ちないんですよね。

祖先の食生活をって話ならキャットフードを与えとけばいいってことじゃん。

ってなりません?

犬の栄養学の常識も研究の結果で変わることもあるので
今僕が知っていることが正しいとは限らないのですが
今の犬の栄養学が正しいならこうした疑問は出てきてもおかしくないのでは?

なのでやっぱりグレインフリーが犬には良いと言い切れないって話でもあります。
猫に与えるにはとても良い気がしますけどね。

ワイルドレシピは一般家庭犬におすすめではない

けしてワイルドレシピが悪いフードと言っているわけではないので誤解しないでくださいね。

原材料の質も良いですし価格も手ごろで
犬のための栄養成分も満たしてはいますから良くないフードとは言いません。

ただ高タンパクで高脂肪なので体調や環境
犬種によって結果はかなり違ってくるでしょうね。

一般家庭犬にはおすすめですと言えるフードではないかな。

祖先が食べていた食事を再現!

と言っても食事だけマネしてもね。
生活環境や運動量があっての食事だと思います。

動物は食事に合わせて身体を進化させてきていますし
食事で身体が出来ているのは人間も同じですよね。

ダイエットを考えれば食事の内容は無視できないでしょう。
消費カロリーを変えるよりは摂取カロリーをコントロールする方が圧倒的に楽です。

筋肉質な身体にしたければ運動ももちろん必要ですけど
筋肉つけたいならその原材料のタンパク質は取らないと
筋肉を使うだけじゃ増えるわけがありません。

ワイルドレシピに限ったことではありませんが
ドッグフードは目的にあった体を作るためや
飼育環境や犬種の特性に合わせて選択するべきでしょう。

スポンサードリンク

ドッグフードとして優れていてもニュートロが好きになれない理由

どうもニュートロには厳しい評価をしてしまいます。

ナチュラルチョイスもシュプレモも品質は悪くないのですが
ナチュラルフードというものをなかなか受け入れられません。

ナチュラルフードという言葉を広めたのはニュートロらしいのですが
ナチュラルフードの定義は無添加ということらしいです。

とはいってもビタミンやミネラルなどは添加しているようなので
個人的にはものすごく違和感があります。

そもそもドッグフードという製品が加工した保存食なので
ナチュラルと言えるのでしょうかね。

このモヤモヤを解消出来る答えがあればどなたか教えてください。

そういえばワイルドレシピにも子犬用が発売されましたね。
それに伴い若干のリニューアルもあったようなので
その件に関してはまたお話ししたいと思います。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

-フード, 勝手な考察, 店長のひとりごと, 犬の話

執筆者:


  1. ヨサク より:

    ペットショップスタッフの者です。

    ワイルドレシピ、シュプレモの今回の新製品などもそうですが、飼い主のニーズに応えることに特化したかのようなニュートロの姿勢にちょっと違和感を感じながら販売しているので、この記事を読んで少し嬉しくなりました。笑
    (プレミアムフード入門編としてはその姿勢もアリかもしれませんが、それでもワイルドレシピのスペックはちょっと上級者寄りな気がする…)

    ワイルドレシピなどのグレインフリーがなかなか好調ですが、実際に飼育スタイルとグレインフリーフードが噛み合うような飼い主様がこんなにいるとは思えないので、毎日モヤモヤをしながら働いています。もちろんグレインフリーを与えて調子が良くなったというお客様もいるようですし、フードだけに頼るわけでなくあくまで健康維持の一環として与える分にはメリットがあるとは思うんですけどね。

    このブログは楽しい記事が沢山ありますね。いろいろと勉強になります。

    • 牧田 亮介 より:

      ヨサク様

      メッセージありがとうございます。
      同業者の方にお褒めいただき光栄です!

      ニュートロのワイルドレシピにシュプレモは販売戦略や製品のコンセプトは犬の理想の食事というよりは、飼い主が犬に対してしてあげたい願望を形にしたような製品ですね。
      特にシュプレモの新製品は凄いことになってましたから、つい営業の方にお説教じみた意見をぶつけてしまいました。
      まあなんというか突き抜けましたね・・・

      ワイルドレシピはおっしゃる通り製品のパフォーマンスは家庭犬向きではありませんね。
      ちょっと大げさですが通勤にしか使わないのにGT-Rを買うような贅沢感があります。

      日本の飼育環境下では確かに高タンパク高脂肪のフードは一般向けではありません。
      売れているとか人気があるとかで良いフードと思い込み使い続けているような飼い主では、犬の健康状態を把握できているか心配になりますね。
      グレインフリー=犬にとって良質なドッグフードと結論付けるのはいかがなものとは思いますが、犬の健康維持のための選択肢に加わったことには素直に喜べます。

      プロフィールにある通り犬好きでこの業界に飛び込んだわけではないので、まだまだ勉強不足なことばかりです。
      同業者の方ならご賛同いただけることも相容れないこともあるでしょうから、肯定的な意見ばかりでなく違った考えもお聞きできれば幸いです。

      今後も宜しくお願い致します。

  2. ヨサク より:

    今回のシュプレモに関してはさすがに驚いたので、私も営業の方からご説明いただいた際に、ビジネス的なことではなく犬の健康面でのメリットをメーカー側はどのように把握しているのかお伺いしたのですが、そこに関してはその場でのご返答はいただけず、未だに連絡もいただけていません。

    私は管理人様と比べればまだまだヒヨッ子ですし、動物好きの延長で感じたペットという文化のところどころに感じる違和感を原動力にこの世界で働いている変なやつですので、今後とも勉強させていただきます。

    • 牧田 亮介 より:

      ヨサク様

      シュプレモはコンセプトはもちろんですがパッケージからしていかにも女性受けしそうな商品ですが、今回はちょっと残念な方向に行きましたね・・・
      きっとティーカッププードルやポメラニアン、チワワなどの超小型犬にフリフリの服などを着せる方たちがターゲットなのではないでしょうか?

      新商品は既存の栄養バランスを極力損なうことなく、飼い主と同じように食事の楽しみを演出してあげたいというフードのようですから、栄養学的に優れている点は感じられませんでした。
      営業の方が返答にお困りになるのもわからなくもないですね。きっと「俺が作ったんじゃないし・・・」とお思いだったんじゃないでしょうか。

      もし販売する立場であれば、ターゲットはフードを食べないからおやつで太らせてしまう飼い主ですね。
      健康回復の為の第一歩としてフードの変更を考えるには良いと思います。より健康を追求する方ではなく、擬人化で犬の健康を損なうのを予防したり引き戻すためのフードと割り切りましょう。

      ヨサクさんに認めてもらえて光栄ですが、そもそも僕は犬が好きではありませんし命の重さを背負いこむほどの覚悟もないくせにダラダラと実家で遊び半分に仕事をしている身です。
      20代の頃に3年ほどドッグショーでスチュワートという仕事をさせられたのは身になっているので、感情が入らないニュートラルな立場で犬を見れる点を長所として仕事に活かしてますけど、好きで努力する方には及ばないことは多いですから、僕の方こそ勉強させて頂かないと。

      ビジネスは好きですし、経営のスキルの方がまだあると思うのでいつかご一緒にお仕事できたらいいですね。
      またブログ記事で何か思うところがあればコメントいただけると嬉しいです。

      牧田

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

犬がフローリングで滑るとこんなに危険!対策の為の注意点

ペットショップチロルの息子です。 皆さんはフローリングのすべり止め対策はしっかりと行っていますか? 犬を室内で飼うとなるといくつかの問題が生じますが、犬が足を滑らせることもそのうちの一つです。 犬が走 …

犬との主従関係の作り方と逆転しないためのたった一つのコツ

ペット屋の息子です。 犬のしつけに悩む人は犬が動物だという事を忘れているんでしょう。 結局それが大きな要因だと思います。 いっしょに居ればいつか分かってくれるとか、目を見て話せば通じると思っている方は …

ブルーバッファローのライフソースビッツを分析!これがBLUEのやり方か!

ペット屋の息子です。 先ほどブルーバッファロージャパンの営業マンと話をする機会があったので、製法や原材料の点で疑問に思ったことを質問し、改めて自分なりに「BLUE」というフードについて考えてみました。 …

スウェーデンと日本の犬の繁殖問題の類似点と違いが興味深かった

ペット屋の息子です。 以前に北欧のスウェーデンでは犬の避妊や去勢をするべきではないとの考えが一般的だと紹介したことがありますが、そのスウェーデンで日本とは全く違う問題から同じように犬のスタンダードに変 …

犬猫と人間の暑さに対する耐性の差を検証!生物学的な4つの違いとは?

ペット屋の息子です。 毎日暑い日が続きますが体調を崩していませんか?熱中症で命を落とす方もいるほどですから充分お体ご自愛下さい。 そんな猛暑の最中、犬を飼っている方はかなり苦労をしていることでしょう。 …