おすすめ商品 フード 勝手な考察 栄養学 犬の話

ドッグフードのハロー販売開始!高評価な理由を分析してみた

更新日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペット屋の息子です。

お世話になっている問屋さんにおすすめのフードがあると紹介されたので試しに販売してみる事にしました。と言っても入荷してから結構経っていますが・・・・

試しにお店の犬にあげてみたら食いつきも悪くなかったし、オメガ脂肪酸のバランスの記載があったりとなかなか好感度が高いフードだったので、ランキングサイトを真似て評価してみましょう。

もちろんいつも言っているようにフードの良し悪しは結果で決まるので良いか悪いかの評価ではありませんよ。

というわけで今日はホリスティックフードのハローについての話

スポンサードリンク

ドッグフードのハローとは?

アメリカではそれなりに実績のあるフードのようですが、歴史は浅く1986年に一人の猫の飼い主が作った手作り食から始まりました。なのでドッグフードではなくキャットフードのレシピが最初という事らしいです。
飼い猫の皮膚トラブルや胃腸の状態が悪いということで動物病院を受診したが治らず、手作り食に切り替えようと試行錯誤した結果、見事に回復したという経緯から誕生したというフードです。

そのことからコンセプトはキッチングレードレシピということですが、ペットフードの安全基準をヒューマングレードと表記する事に問題があるらしく、そうなったと聞いています。

というわけでペットの為に安全で健康の為のフードという位置づけになっています。いわゆるホリスティックと呼ばれるジャンルのフードです。

ドッグフードのハローを評価する

このフードの良い点を挙げるとすれば原材料の質が良い事ですが、そのことが結果につながるかどうかはわかりません。しかし良いに越したことはないので好感は持てます。

驚いたのは人間が食べても美味しいという点です。味覚には個人差がありますが不味いと思う方は少ないでしょう。原材料がいわゆるヒューマングレードというレベルの物だけはあります。
犬は匂いで判断しますが味覚も無いわけではありませんので、食いつきが良い事の理由にはあげられそうです。

ただオメガ3脂肪酸が植物性というのが残念な点で、バランスが整っていたとしても健康な皮膚や被毛の維持につながるかどうかは疑問ですが、サーモンオイルも加えられているので幾分かはカバーできているでしょう。ラインナップにサーモンが主原料のフードがありますし。ちなみにサーモンはグレインフリーの物もありますが少しお高めです。

食いつきや便の様子で不満があれば初回のみ返金対応してくれる点はありがたいサービスです。1/3以上残っている製品と専用の申込書に記入して着払いでの返送と手続きが多少面倒ですが・・・

 

保証成分にオメガ脂肪酸の数値が入っているのはあまり見かけないので、皮膚の健康維持に配慮しているとのメッセージと取れますね。

[ad#co-1]

当店で取り扱いのフードでオメガ脂肪酸の含有量が記載されている他社製品はユーカヌバとアーテミスくらいです。

ただこの数値のバランスは犬によっても変わりるでしょうし、明確に数値でどの程度が良いのかはわかりませんが・・・

先日の

犬の皮膚トラブルが多発!赤みやかゆみフケを改善する食事の提案

でお伝えしたようにオメガ3脂肪酸も植物性ですと犬猫にはあまり有効ではありませんから。

ドッグフードのハローの原料について

原材料の肉類
チキンは正肉しか使用してないという点は安全性が高いのでしょう。ドッグフードの製品として考えればミネラル分は調整できているので問題ありませんが、個人的には骨や皮にも栄養成分はあるので取り除かなくともという意見ではあります。安全性が高い原材料ならなおさら。

原材料のミネラル
ミネラル類をキレート化してあるので吸収率は良いと思われます。成分としてではなく効果の高さは期待できそうです。表示成分はあくまでフードの構成成分でしかありませんから、栄養吸収率が良いかどうかという製法の点でも判断したほうが良いと思います。

原材料の乳酸菌
乳酸菌も含まれていますが、生きて腸まで届くかと言えば疑問です。ただ摂取する意味がないわけではありません。乳酸菌にも様々な種類があり、胃酸で死滅したとしても免疫細胞を活性化する事が期待されるからです。つまり乳酸菌が含まれていないよりは腸内環境の健全化に役立つはずです。

原材料の野菜類
様々な野菜や果物も使用されていますが、多くの食材を摂取することは犬という動物を考えれば必要な事かもしれません。何が使われているかよりも成分分析値のバランスが良く吸収率が高い方が良いとはいえ、その点で他社製品と同等であるならば多くの食材から栄養を摂取できる方が有益なことは考えられます。
食物繊維がエンドウ豆の外皮を使っているのも何かしらの意味があるのかもしれません。ちなみにロイヤルカナンではオオバコを使用しています。

製品になってしまうと原材料が良いかどうかは判断しにくいので、こればかりはメーカーを信頼するしかありません。ただ気になる方にはサンプルが大量にありますので良かったら店頭でお声掛け下さい。他社製品と比べて味は格段に良いですよ。

ドッグフードのハローは値段的にどうなのか?

原材料が良いものだけに価格が高めな気がします。
総合的に見てフードの中での安全性はトップクラスに良いと思いますが、食事で得られる健康は効果が目に見えないのでコスパが良いとは言い難いのが正直なところです。目に見えない健康に対しての投資という価格と割り切ってあげましょう。
アレルギーや皮膚疾患に配慮が必要と思われる個体に勧めるフードとしては第一の選択肢になり得そうです。

ドッグフードのハローの味と食いつき動画

粒はかなり小さめなので丸飲み注意

食べてみると確かに美味しいです。
ドライフードの硬くてぼそぼそした感じですが、粒子の中に素材の味が閉じ込められているようで噛みしめるたびにじわっと旨みが染み出してきます。と言っても所詮ドッグフードですが、逆にそう思うとかなり美味しいです。お酒のつまみくらいにはなるかも。
気になる方には他社製品のサンプルと合わせてご提供しますので、ご自身で食べ比べてみてはいかがでしょう?

当店飼育犬のパピヨンに与えてみました。正直好き嫌いがあまりないので参考にならないかもしれませんが美味しいようです。

ドッグフードとしてのハローとはどんな製品なのか?ロイヤルカナンと比較してみる

個人的な見解ですが、ロイヤルカナンと比較すればブランドコンセプトに大きな違いがあるのは事実です。どちらが優れているかという点ではけして語れません。それはいつも通り僕でも飼い主でもなく犬が健康でいられるかどうかであり、全ての犬において優劣が同じであることは無いはずですから。

ロイヤルカナンが最新の栄養学や研究結果に基づいて犬の健康の為のフードを製品として再現したフードなら、ハローは飼い主の愛情が創った、良質な素材の栄養成分を極力損なわずに製品化したホリスティックフードではないでしょうか。

両者を比べればおよそ対局な位置にあると言える気がします。

まとめ

珍しくフードについて語ってみましたがいかがでした?以前けなしたドッグフードのランキングサイトにも似た内容になってしまった感もありますがお店としては一番購入して欲しいフードでもあります。
というのも他のフードメーカーに比べると利益率が若干高いのです。個人的には製品の価格をその分下げても良い気がしますが、メーカーとして価値に自信があるのでしょう。

ロイヤルカナンと比較してみたのはコンセプトの違いが興味深かったのとプレミアムフードの中では販売数が最も多いフードなので、多くの人が理解しやすい気がしました。

獣医学の信念VS飼い主の愛情

そんな構図を考えて見ると面白いですよ。
どこかに両社のいいとこどりのようなフードがあればいいのですが、なかなかそうはいきませんね。知らない中にも面白いフードはまだまだ沢山ありそうですが、あまり知る機会がないんですよね。展示会に行っても自社のフードを深く理解して他社製品との違いを明確に説明できる営業マンて意外と少ない気がします。勿体ない・・・

ドッグフードの事は多くの方が気になってることでもありますので、折を見てまたご紹介してみたいと思います。

本日もありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-おすすめ商品, フード, 勝手な考察, 栄養学, 犬の話

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.