勝手な考察 犬の話 犬選び 繁殖

ミックス犬?雑種の地位が向上してるけど僕は販売しません

更新日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペット屋の息子です。

ブログも始めたばかりですが、もう強気の姿勢で言いたい放題です。そんなに犬猫に対して熱い思いがあるわけではないんですけどね。犬や猫に対して扱いや考え方に違和感を感じることも多いので時々ズバッと言ってしまいたくなります。

なので今日はミックス犬についての考えを書いてみました。

マルプーとかチワックスという呼称で呼ばれ、あたかもより優れた犬種として認定されているような扱いをされていますが、結局は雑種です。それ以上でもそれ以下でもありません。

これは差別用語として使っているつもりは全くありませんし、純血種の方が優れているという気もありません。

ただペットショップやブリーダーで販売されているミックス犬のもてはやされ方については正直なところ疑問が残ります。
というわけで僕なりに、ミックス犬とはどんなものか解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

ミックス犬を販売するブリーダーやショップのメリット

ミックス犬というのはブリーダーやショップについて販売しやすいというのは事実かもしれません。
大きなメリットとしては血統書を発行する必要がない点でしょう。

純血種を販売するとなれば、購入された方が必要とするかしないかに関わらず、純血種の証明である血統書がつきものですが、これがミックス犬にはありません。
発行にかかる手間や費用が浮くのは非常に大きなメリットとなります。

日本の血統書発行団体の最大手はJKC(ジャパンケネルクラブ)になりますが、血統書の費用は子犬1頭につき2,100円程かかります。
年間で数十頭、数百頭と販売するとなれば馬鹿になりません。

実際には血統書の発行費用以外にも、親犬の名義が自分に無ければ血統書の発行は申請できませんから変更の手続きにも手間や費用は掛かりますし、JKCに会員として登録する必要がありますので入会金や年会費も掛かります。
初めてのお産ともなれば、そういった諸費用だけでも3万円程になります。

さらに言えば、成犬になった際に犬種のスタンダードという物がありませんので、大きさや姿形がどうなるのか、性格的にどういう犬になるのかという点でトラブルになりにくいと言えます。

ミックス犬をお探しの方が何を求めているのかは僕には分かりませんが、いわゆるオンリーワンという点をお求めなのであればお互いにとって良い話かもしれませんね。

ミックス犬は遺伝的に強いのか弱いのか

ではミックス犬の遺伝的な問題はどうなのかを生物学的な観点から考えてみましょう。

昔から純血種よりも雑種の方が強いと言われていますが、これはあながち間違いではありません。
雑種強勢という、異なる品種から産まれた第1代は、両親のどちらの系統よりも、生産性や病原菌への耐性などの生活力で優れた品種になるという現象があります。
これは野菜や果物、牛や豚などの品種改良を行う際にも利用されていますので、もちろん犬にも当てはまります。

純血種はその血統を守る為に、近親交配が行われていたという犬種も少なくありません。
バーニーズマウンテンドッグなどは、産業革命が興った後に蒸気機関や自動車に役目を奪われ、絶滅の危機に瀕した時代があり、激減した個体数から近親交配を繰り返し、種の存続を計ってきたと言われています。

少ない個体数の遺伝子プールから発展してきた犬種であれば、病原菌への耐性や遺伝疾患の問題を抱えるのは免れない事なのでしょう。
しかしミックス犬であれば、それぞれの犬種の遺伝子を組み合わせる事になりますので、生物学的観点から言えばより強い個体が産まれやすいと言えます。

スポンサードリンク

僕がミックス犬を販売しない理由

ただしこれはあくまでも生物学的な話であって、実際にショップやブリーダーで販売されるミックス犬が強いという事ではありません。
そもそも前述にあるようなメリットを考えて繁殖するような方が、良い犬質の犬を作ろうという目的を持っているとは思えません。

最近人気のマルプーなどを販売するにあたり、それぞれの犬種の欠点を補って理想的な犬種を作り出そうというプロジェクトが発足し、最先端の科学技術を駆使し、両犬種から遺伝的疾患のない犬を骨格バランスや検査のデータから選別し、理想的な交配を行い最高の環境で育成された子犬が産まれました。

犬種として認められるまでには、サイズや容姿などが何世代か先まで一定の基準が満たされている必要がありますので今は非公認の雑種扱いになります。

というのなら話は別ですけどね。

ミックス犬の両親に問題があれば安全で丈夫と言える犬にはならない。

いくら雑種強勢という現象で遺伝的に生産性や強権性に優れていたとしても、骨格のバランス身体的欠点がある両親から産まれていたら骨格形成や内臓機能に問題が出てくることも考えられますから。

現在販売されているミックス犬は利益目的や、管理ができていない状況で知らず知らずのうちに妊娠していたなどの結果で産まれた犬がほとんどでしょう。

だから僕は店頭で雑種を販売することはしません。

まとめ

純血種だろうと雑種だろうとそれぞれに良し悪しはあります。人間の手によって産みだされているという点で変わりはありません。

子犬を選ぶということはプロでも難しいものです。犬種のスタンダードをしっかりと理解していても思ったような成長を遂げないことも多いでしょう。

たとえあなたがどちらを選んだとしても犬達には関係ないことですから、縁があって迎え入れたのなら大事に飼って頂きたいですね。

そういえば雑種が強いと言われる理由がもう一つあるように思えます
それは飼い主の扱い方ではないでしょうか。昔は外飼いが当たり前で、飼うと言えば雑種ばかりでした。野生に近い環境が当たり前の彼らにとって生き抜くためには強くなるしかなかったんだと思います。

室内で飼っていてはそこまでの犬には育たないでしょうが、ウン十万の純血種でも犬らしさを尊重して過保護にしなければ弱い犬にはならないかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-勝手な考察, 犬の話, 犬選び, 繁殖

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.