犬猫に与えるべき最高の乳酸菌サプリ発見!効果と使い勝手がヤバい!

ペット屋の息子です。

動物の健康と腸は非常に密接な関係があります。食べ物にこだわるあまりそこを見失ってはいけません。いくら良い食事を与えても胃や腸の消化機能が正常に働かなければ何の意味もありません。
ごくまれに、体調に問題がありいろんなフードを試してみた結果、国産の安価なフードを与えたところ解消されたという犬がいます。

ある飼い主のコーギーは年に1度の健康診断の結果も良好で、外見的にも問題がなく、皮膚や爪にも異常などが見られませんでした。結局そのまま大きな病気もせず18年の生涯を終えました。
そうなるとフードを変更した方が良いというアドバイスなどできるはずもなく、栄養学も何もあった物ではないなと言葉もありませんでした。

人間よりも遥かに短命な分、問題が起きる前に寿命を迎えたのか、はたまた腸内環境がフードとマッチしたのかは今となってはわかりません。もしかしたらもっとその個体に合った高品質のフードを与えていれば長生きしたのかもしれませんが、時々こうした事例があります。ごく稀ですけどね。
とこんなケースを目にしていれば品質が良い悪いかどうかではなく、合うか合わないかという点が最も重要になってきます。アレルギーの問題なんかもそうですね。
もちろん高品質のフードの方が栄養学的にみても犬の為には良いはずですし理にかなっていると思います。ただフードにこだわるよりは個体の健全性を高める事にこそ重点を置くべきという考えは間違いではないと思うのです。

犬ありきのフードですから。

というわけで当店では先日の

犬ご飯は手作りよりもトッピング!ペットショップの犬めしを紹介

で話したように、腸内環境の健康を維持することをお勧めします。

犬の乳酸菌サプリメント「コスモスラクト」とは

今までも多くの乳酸菌を使った商品が発売されてきましたが、「コスモスラクト」は従来の乳酸菌製品とは違い「バイオジェニックス」と呼ばれる腸内フローラを介さずにダイレクトに生体機能を調整する代謝物です。

バイオジェニックスの語源は、「生物により生成された」から名付けられていますが、タンパク質や酵素反応によって産みだされる2次代謝物で有機化合物であるとされています。
つまり菌ではなく菌の生産物質です。腸内の善玉菌が働き腸内環境の活性化・健全性を保つために必要な物質と言えます。

「コスモスラクト」はこの成分を動物用に配合調整したサプリメントです。

犬に与える乳酸菌生産物質の効果

では具体的にコスモスラクト(バイオジェニックス)による健康効果を説明しましょう。

犬の腸内の善玉菌を増殖させる

犬の腸内にて作用し善玉菌を増殖させますので以下の様な健康効果が期待できます。

・消化吸収が良くなり便臭やガスの悪臭を消す
・酵素、ホルモン、ビタミンの産出と活性化をうながす
・解毒作用(ダイオキシン・活性酸素・農薬・腐敗毒などの解毒)の向上

その他にも肝機能の改善や促進作用に、生活習慣病の治療効果も増大し、予防にもつながります。胃内のピロリ菌が減少(消滅)したり、アンチエイジングにも効果的です。

犬の腸内をキレイにする

そもそも腸内の菌の数自体は増減はしません。限られた腸内のスペースには菌が定住していて、常に善玉菌と悪玉菌が縄張り争いをしているようなものです。

コスモスラクト(乳酸菌生成エキス)を摂取することで、腸内に定住している乳酸菌の菌体内の酵素を活性化し増殖を促進させます。それにより悪玉菌を減少・消失させることができます。さらに乳酸菌の生成エキスにより腸内の日和見菌(中間菌)は有用菌へと変化を始めますから、さらに腸内環境は健全になるでしょう。

スポンサードリンク

犬にヨーグルト(乳酸菌)を与えることの効果

ではコスモスラクトのような乳酸菌の生成エキスと、ヨーグルトの様に直接菌を摂取することにどういった違いがあるのでしょう。

従来のプロバイオティクスでは「生きた乳酸菌」を研究してきました。
生菌添加物に含まれるヨーグルト等は胃酸などで菌が死滅しないように様々な技術や工夫を駆使し「生きて腸まで届く」を実現してきました。しかし菌はもともと酸や熱に弱い為、腸までたどり着く菌はわずかです。その為、乳酸菌飲料やヨーグルトに何千億、何兆個といった膨大の数の菌を入れなければならないのです。

しかし食事中の犬の胃酸は人間の胃酸よりもさらに酸度が高く(人間がpH5.0、犬はpH2.1)ヨーグルトに含まれる生きた乳酸菌などは胃酸で死滅してしまいます。
さらにヨーグルトに含まれる菌は腸内の常在菌とは違い、経口摂取した外来の乳酸菌は異物と判断され体外へと排出されてしまいます。

死菌でも効果が無いわけではありませんが、腸内細菌を増やす事の効果はほとんど無い上に、大量摂取することになれば消化障害を起こすことにもつながります。

犬に乳酸菌アレルギーがあっても与えることが可能

バイオジェニックスの優位な点はアレルギーという心配が皆無という事です。
菌ではなく菌の生成エキスですからアレルギーを起こすこともありませんし、選りすぐりの乳酸菌たちが生み出した「乳酸菌生成エキス」は、人間や犬などの種類の違いに関わらず動物全般の善玉菌に作用し、胃酸の影響も受けることがありません。

アレルギーがあっても与えられさらに改善が期待できる点は、従来のプロバイオティクスやプレバイオティクスでは不可能です。
またプレバイオティクスはオリゴ糖などの菌の餌を摂取することですが、それらは菌の餌である為、乳酸菌だけでなく悪玉菌を増殖させることもあります。腸内環境が良い状態にのみ効果を発揮します。

人間もペットも「自分には自分の乳酸菌」を…

腸内細菌については、その種類やバランスの多様性など未だに解明していないことが多くあります。人間や動物の顔や体格、性格が違うように腸内に棲む細菌の顔ぶれには個人差個体差があります。
選りすぐりの乳酸菌たちが生み出した「乳酸菌生成エキス」は、種類を問わず動物全般の善玉菌にはたらき、胃酸などの影響も受けません。

まとめ

こうして改めて説明してみると、とても画期的で素晴らしい商品ですね。
幼少期の犬にも安心して与えられ、かつ効果は絶大。腸内環境の維持はもちろんですが、軟便や下痢の処置に抗生物質などを与えてしまうと、悪玉菌も善玉菌も含めて全ての腸内細菌にダメージを与えてしまいます。コスモスラクトであれば善玉菌を活性化し悪玉菌を減少させられますので、生体への負担もありません。
さらに妊娠中の犬や授乳中の犬にも与えられるので、その点だけ見てもブリーダーには喜ばれるでしょう。

人間の医療分野では、すでに活用されていて、その有益性は実証済みです。乳酸菌生成エキスは腸内でのみならず体全体に直接作用するので、コレステロールの低下にも効果が期待でき、血糖や血圧を安定させ活性酸素を除去するなど、生活習慣病や老化にも有効だと考えられています。

本日もお付き合い頂きありがとうございます。犬も飼い主も健康で長生きして下さい。

PS,猫の便秘でお悩みの方が病院で進められた療法食を与えても週に2度しか便が出ないと言っていたので、一昨日に小袋のサンプルを渡したましたが、すぐに快便になったとたった今(12日19時)買いに来てくれました♪

久しぶりに良い商品に出会えて満足です。