しつけ 悩み 犬選び 繁殖

昨日パピヨンが出産したので報告と出産のサポートについて 

投稿日:

ペット屋の息子です。

本日深夜から早朝にかけパピヨンの出産があったので、昨日の仕事はなかなかハードでした・・・

しかしそれ以上に達成感や充実感は味わえるし、やはり新たな命の誕生に立ち会えるのは素晴らしいことですね。300回以上のお産に立ち会った今でもそう思います。ワガママを言わせてもらうならあと3時間早く終わってくれたら良かったんですけどね。

それでも無事に産まれ育ってくれれば苦労した甲斐があります。
お母さんになったのはパピヨンのもなかさんです。もともとお店の看板犬のような存在で3回ほど出産経験がありました。
もなかさんもですが、子供たちもしっかりお母さんの気質を受け継いでくれているようで、とにかく吠えないパピヨンです。

出産の動画も一応撮りましたが夜中一人での助産だったので決定的瞬間は取れていません。画像は出産直後の子犬達です。

パピヨンの出産

複数回(3回)交配したので予定日がはっきりしなかったのですが、ほぼ予定通りにお産が始まりました。
もなかさんはいつも静かに手際よく産んでしまうし助産の必要もないかと思いましたが、家庭に染まって甘え上手になっていたのと後悔する結果になるとずっと引きずってしまうので立ち会う事にしました。

夕方から呼吸も荒く体温も下がりガリガリと産箱に爪を立て始め、22時頃から本格的な陣痛が始まりました。

23時前にするっと1頭目が誕生。体つきもしっかりして柄もきれいな女の子です。
病院ではへその緒を縛ったりしますが、うちでは特にそのような処置はしません。親がかみ切るかハサミで切って終わりです。あまり長めに切ると親が気にして余ったへその緒を噛み切ろうとしますので1㎝~1.5㎝ほど残します。

基本的にはすべて親に任せますが、保育行動が見られなかったり、仮死状態で産まれてきた子犬は人工呼吸や摩擦の刺激で蘇生させます。
羊膜を破り鼻や口から羊水を吸い出すか頭を下にして軽く振ったり乾いたタオルで体を拭きながら刺激を与えます。

胎盤は胎児の後に繋がって出てくることが多いのですが、場合によっては胎子が分娩された後しばらくすると、胎盤が娩出されます。
これは母犬が食べてしまいますが問題ありません。哺乳類では当たり前に見られる行為で、食べないのは人間とラクダくらいです。

2頭目はかなり時間が空いて2時過ぎに産まれました。次女もなかなか美犬です。

ここまで時間が空くと帝王切開でという事もありますが母犬の状態や1頭目の胎児の大きさなどで判断すれば良いでしょう。出来れば自然分娩で産ませたいと思いますので、判断が難しいところではあります。

3頭目は1時間ほどで産まれました。

全て順調に終わり母子ともに健康です。逆子にはならずお産もスムーズで何よりでした。
多くの飼い主はうちの子が母親になれるかと心配されますが、分離不安や擬人化してしまった犬でなければまず大丈夫でしょう。子犬に対する執着心と愛情は見習うべきものがあります。

子犬に寄り添い献身的に子育てをする愛犬を見ると出産を経験させてあげて良かったと思うはずです。

もっとも必ずしも良い結果になるとは限りません。母親に慣れる素質がある犬を健康的に健全に飼育管理していなければ繁殖は望めません。それすらただの前提条件で予期せぬ出来事に大きな問題が発生する事もあります。帝王切開になることもありますし、死産と云う結果もありえます。それを完全に防ぐことはできませんが、そのための努力をすることは必要な事ですし、犬にとっても飼い主にとっても良い事です。

犬の出産とペットショップの仕事

もなかさんはお店の犬ではなかったのですが、当店では犬の出産の為のサポートも行っています。

犬の出産を通じて避妊や去勢について考えて得た理想の飼育

で話したことを実現するための取り組みを少しづつ始めています。

新たな命の誕生を体験することは日常ではなかなかありえないことですし、その瞬間を目にすることや温もりに触れることは何ものにも変えがたい経験です。

出産を安全に行うための健康的な身体作りや環境造りを飼い主と二人三脚で行い、生まれた子供を通じてまた新たな家族との繋がりを作っていく。そんな犬と人との関係をより良いものにしていけるようにサポートできるペットショップにしていけるように。産まれた子犬を見て改めてそう思います。

今回の出産もその取り組みに賛同頂いた方の協力があって実現したことです。

実家のチロルで飼育していたパピヨンを毎月適切な管理をすることを約束にサポートプランという契約で譲渡しましたが、飼い主が子供を残したいと希望されたので、交配から出産・子犬の引き取りまで含めてご協力させて頂きました。

まとめ

出産を推奨したり、交配や出産のケアをするぺとショップも現在では少ないかもしれませんが、お店としても安全な管理の元で産まれた犬質の優れた子犬を迎え入れることが出来るので、お客様から出産をさせたいと言って頂けるのは当店としてはありがたい申し出でもあります。

人によっては犬の出産を一般の飼い主にさせる事に反対する方もいるかもしれませんが、当店でのこのような取り組みに賛同して頂ける方がいる限り今後も続けていきたいと思います。

-しつけ, 悩み, 犬選び, 繁殖

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パテラのグレード1、2の悪化防止のための3つの対策その2運動

ペットショップチロルの息子です。 あなたの愛犬がパテラと診断されたとしても グレード1,2なら注意して管理すれば 手術することなく付き合っていけるかもしれません。 愛犬の痛みや苦しみを理解できたとして …

イングリッシュスプリンガースパニエルの子犬が産まれました

 ペットショップチロルの息子です。 最近になってまたイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルを飼い始めて繁殖を行っています。 スプリンガーの最新の出産情報は2019年5月14日生まれの子犬達です。 …

ゴールデンレトリバーの子犬誕生!8頭の赤ちゃんと母親のご紹介

ペットショップチロルの息子です。 3月1日にゴールデンレトリバーの子犬が8頭産まれました。 母親は普通の子ですが、父親はショーチャンピオンです。 目も開きましたのでご紹介しときます。

失敗しない犬種の選び方と犬との付き合い方のコツ

ペット屋の息子です。 今日は犬の選び方についてのアドバイスをしようと思います。 皆さんが犬を飼う時、もしくは飼った時はどうやって選んだのでしょう? すでに飼いたい犬種が決まっていることが多いですが、容 …

犬の名は?おしゃれでかわいい(かっこいい)名前の決め方の7提案

ペット屋の息子です。 新しく迎え入れた犬にどんな名前を付けようか悩んでいますね? 僕も繁殖に関わってきたので、もう名前をどう付けようか毎日のように悩んでいました。 せっかく産まれてきてくれたんだから最 …