CATEGORY

散歩

なぜ人は犬に服を着せるのか?必要と言うべき5つの理由を考えてみた。

  ペットショップチロルの息子です。 ここ数年で犬に服を着せることが 愛犬家の間では当たり前になってきましたが 皆さんはどう思いますか? 人によって意見は様々ですが 服を着せることに抵抗のある方もまだ多いようですので なぜ犬に服を着せるのかをしっかりと解説してみたいと思います。

パテラのグレード1、2の悪化防止のための3つの対策その2運動

ペットショップチロルの息子です。 あなたの愛犬がパテラと診断されたとしても グレード1,2なら注意して管理すれば 手術することなく付き合っていけるかもしれません。 愛犬の痛みや苦しみを理解できたとしても あなたが変わってあげることはできませんから 飼い主としてできることをしてあげましょう。 というわけで今回はパテラの犬のための運動の注意点について お話ししてみたいと思います。

こんなに怖い!犬の運動不足が引き起こす6つの危険なデメリット

ペットショップチロルの息子です。 動かずにゴロゴロして肥満という犬を飼っているあなた。 その状況をほおっておくと大変なことになりますよ。 肥満はあらゆる病気のリスクを高めますし 運動不足というだけでも健康は損なわれ寿命は縮まります。 犬が体調不良になれば犬も辛いし飼い主も心配でしょう。 治療には時間も費用も掛かります。 というわけで運動不足がどれだけ犬にとって良くないことかを しっかりと解説してみ […]

オスとメスの違いで飼い方が変わる?しつけのコツ教えます(オス編)

ペットショップチロルの息子です。 オスメスの違いは外見特徴と性格に表れますが、もちろん飼い方やしつけ方にも気を付けなければいけないポイントがあります。 ペットとしての地位を得て人間と同じ環境で暮らしていたとしても、犬や猫の性別の差は人間よりも違いがあると考えるべきでしょう。 本日は性別の違いに合わせた飼い方、オスのしつけ方のコツをお話ししたいと思います。

犬の散歩のしつけにおすすめなショーリードの紹介と使い方

ペットショップチロルの息子です。 犬の散歩のしつけをしっかり行いたい方には首輪や胴輪ではなくショーリードがおすすめです。 普段の散歩には不向きな点もありますが、しつけをするという目的で使用するにはこれほど適した犬具はそうないでしょう。ただ使い方を誤っては効果が無いどころか犬にとってはストレスの原因になりかねません。 というわけで本日はショーリードの紹介と基本的な使い方のお話です。

子犬とはじめての散歩。首輪と胴輪はどちらを選ぶべきか?

ペットショップチロルの息子です。 子犬を譲渡する際や譲渡した後に、犬に付けるのなら首輪と胴輪(ハーネス)どちらがいいのと聞かれることがありますので本日はその話題。 犬を飼ったら散歩に行かないわけにはいきませんから、それまでにはどちらかを選択し慣らす必要があります。 というわけで今日以下の2点 首輪や胴輪はいつまでに用意するのか 首輪と胴輪では実際にそちらを選択するべきなのか? を、ペットショップと […]

これで完璧!怖がりな犬の性格を直す為の4つのポイントと解決案

ペットショップチロルの息子です。 散歩で知らない人や犬を見ると吠える、ドッグランに連れて行っても他の犬を怖がって遊んでくれない。そんな犬の性格を何とかしたいと思うのならしなければならない4つのことがあります。 犬の気持ちを理解して対応することで飼い主と犬のストレスも軽減できるでしょう。今日はその為のアドバイスです。

台風や低気圧の影響で起こる犬の体調不良の3つの原因とその対策

ペットショップチロルの息子です。 犬は天気や気圧の差を受けやすい動物ですが、その理由を理解している人は少ないでしょう。 何が原因でどんな変化が起こるのかを理解してしっかりと対処する事で余計な時間や費用も掛からず犬の負担も軽くできるかもしれません。 今日はそんなお話です。

犬の散歩に最適な時間帯の考察。それぞれのメリットとデメリット

ペットショップチロルの息子です。 散歩の悩みはいろいろとありますが、犬の散歩にいつ行くかということも重要です。 犬が歩かない、散歩で引っ張る、他の犬を怖がる。 そんな悩みも改善できる可能性があります。 犬にとって散歩に行く時間が変わることで全く違った内容の散歩になることがある事を詳しくご説明しましょう。

共働きは犬種次第では犬を飼うのに最適!理由と飼育のコツを解説

ペット屋の息子です。 共働きでも犬を飼いたい!と思う人は多いでしょう。 一緒にいる時間も少なく疲れて会話が少なくなってきている。一体何のために働いているんだろう・・・ そんな生活が続けば癒しや潤いが欲しいと思うのは当然です。 でもそんな生活で犬が飼えるわけがない。犬がかわいそう。そう思うかもしれませんが大丈夫です。むしろそんな人だからこそ犬が飼えるのです。 その理由を説明して「犬を飼おう!」という […]