犬の話 犬選び 繁殖

白柴は遺伝的に弱いのか?柴犬の毛色を決める遺伝子と病気の話

投稿日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペットショップチロルの息子です。

先日こちらで白柴の子犬が入舎したとお知らせをしましたが
白の柴犬は健康的に問題があるのではと不安に思い
お迎えになることを躊躇する方もいるようです。

今回は柴犬の色を白くする遺伝と病気に因果関係がないことを
簡単にご説明したいと思います。

スポンサードリンク

柴犬の白は遺伝的に健康問題を起こすことはない

遺伝の話はとっても苦手なのですが
犬を繁殖したり譲渡や販売する以上
知っておかなければいけないことではあるので
何とか頑張って説明したいと思います。

結論としては白柴は遺伝的に健康上の問題はありません。
問題があるとしたらそれは個体に起こった問題であり
白柴だからということではないはずです。

動物ではアルビノと言われるメラニンの生合成に関わる遺伝情報の欠損で
メラニン欠乏で体色が白色または極端な淡色になった個体がいますが
そうした個体は確かに健康上に問題があることがほとんどです。

柴犬も赤と呼ばれる茶色の個体がほとんどで
黒と白はどちらかと言えば珍しいカラーです。

その中でも白柴は退色が茶色になるための遺伝子情報が欠損しているため
健康上問題があるように思われていましたが実際はそうではありません。

白柴の遺伝子の働きはEシリーズの劣性ホモ接合体によるもの

近年は犬のDNA鑑定が一般の方でも比較的安価で容易にできるようになりましたから
調べればどんな遺伝子が働いて白になるのかは調べればすぐにわかります。

犬の毛の色を白にしてしまう遺伝子の働きは4つに分類されますが
柴犬の白は主にEシリーズの遺伝子の働きによるものです。

結論から言えば柴犬の体を白にしてしまう遺伝子の働きは
健康上に問題を起こすものではありません。

アルビノに関与するCシリーズによる白化個体(Ca/Ca)でもなければ
小眼球症関連転写因子(MITF)の働きによるメラニン色素欠乏でもなく
Mシリーズのマール遺伝子 (SILV)のユーメラニンの色素を薄めるものでもないのです。

そもそも白柴は上記の3つの遺伝子の働きで起こる白の毛色とは少し違います。
柴犬の白は白と呼ばれはしてもその体色は純白ではありません。

耳先や背中、尾が部分的にクリームや淡い茶色になることからも違いは見て取れますが
遺伝子検査ができるまでは明らかにされなかった事実でもありますので
同様に健康上の問題を抱えた個体なのではと危険性を示唆する声が上がったのでしょう。

スポンサードリンク

白柴の血統書の発行できない?

白柴同士の交配でもJKCに申請すれば血統書は発行されます。

ただ白柴では犬の毛色の前に「×」印がつけられますので
良くない色ですよと烙印を押されたような気がしますね。

白柴は現時点では犬種標準として公認色ではありませんので
こうした措置が取られるとの記載がHPにありました。

あくまで展覧会においての重大欠点とされているからですので
飼育する上で問題はありませんから気にする必要はありません。

体色については犬種の普及とともに変わってくることもありますので
柴犬の白もいずれ「×」が付かなくなるかもしれませんね。

白柴の価格が高額なのは生まれる確率が低く希少性が高いため?

白柴はeeという組み合わせによる体色なので希少かと言われると微妙です。
数が少ない理由は産まれる確率が低いわけではなく
産ませられる組み合わせを推奨していなかったという背景にあります。

昔は柴と言えば赤!

という風潮があり、黒や白は産まれてもあまり歓迎されませんでしたから
必然的に数が少なくなってしまったというのが正しいでしょう。

黒柴はともかく白柴は、先ほどの話でもあったように展覧会で重大欠点とされていましたから
白柴が産まれてしまうような組み合わせでの交配はしてこなかったのです。

白柴はeを持つ柴同士であれば産まれる確率はそう低くありません。
基本色のB・K・Aの遺伝子型のどの組み合わせを差し置いても優先とされるわけですから
産ませようと思えばそこまで難しくありません。

片親の柴がEeであれば白柴eeと交配すれば子犬は白柴か淡赤になるはずです。

つまり先日紹介した柴の4兄弟が全て白なのは
こうした遺伝子の働きによるものなのです。

白柴のかわいい子犬が入舎しました!画像と動画でご紹介します。

現在はゲノム解析が進み遺伝子の働きが明らかになって
白柴の白を作り出す遺伝子の働きに問題がないことが証明されました。
ただ色が白だからという点で紫外線には強くないのは確かです。

それでも他の犬種の白よりは安心して飼えるということは
今回の話でご理解いただけたと思いますので安心してお迎えになってください。
当店でも絶賛飼い主募集中ですw

結論!白柴の白はeeの白!

白柴の白はEシリーズのeeの組み合わせは
体色の基本となる他の遺伝子型B・K・Aの組み合わせが
どのようなものであっても最も優先される遺伝子型ですから
イエローのラブと同様のカラーとなったわけです。

eはEシリーズの中でも最も劣勢なのですが
組み合わせがホモ接合体のeeになると最強というのは面白いですね。

まるでトランプの貧民というゲームの革命みたいです。

柴の場合は黒、赤、白なのでeeなら淡赤か白ですが
他犬種ではまた違った色になることもありますので
Aシリーズと混同することもありますが
遺伝の話はとっても面倒なので機会があったらですね。

きちんと話をするとなれば各遺伝子のシリーズの数と働きを覚えなければいけない上に
今回のような特別ルールのようなものもありますから
なかなかうまく説明するのは難しいです。

遺伝の勉強はカードゲームが得意な人には向いている気がしますが
こうした分野は興味が無い人にはかなり苦痛ですよね。

僕は頭がパンクしそうです・・・

繁殖に関わる以上理解しなければいけないことなので頑張りますが
得意な方がいればぜひご教授いただきたいものです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-犬の話, 犬選び, 繁殖

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.