勝手な考察 店長のひとりごと 犬の話 犬選び 繁殖

飼いやすい犬種はここを見て選べ!おとなしい犬種の見極め方

更新日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペットショップチロルの息子です。

おとなしい犬に共通して見られる外見の特徴があります。進化の過程で別れたのですがこの特徴は性格に大きく影響します。

でもなぜかほとんどのペットショップではおとなしい犬種はと聞くと犬種名をいくつか挙げるだけでこうした説明はしていないとのこと。よく考えればなるほど確かにと思うことですけどね。

というわけで本日はおとなしく飼いやすい犬かどうかの見極めのポイントの話です。

スポンサードリンク

犬の外見的特徴の違いで飼いやすさが大きく変わる

外見的特徴で性格が違うというのはあんまりピンとこないかもしれませんが、なぜそうなのかを考えると納得していただけると思います。
ここで言う外見的特徴は耳の事ですが犬には耳が立っている犬種垂れている犬種がいますね。

耳が立っている犬種は神経質な性格で、耳が垂れている犬種は穏やかな性格です。

神経質な犬は警戒心が強く、常にそわそわと落ち着きがなく良く吠えていますね。

良く吠える犬としてあげられるのは、チワワ、ポメラニアン、パピヨン、スピッツ、シェットランドシープドッグ、コーギーなどですが、どの犬種も耳が立っています。

犬は安全を確保するために神経を研ぎ澄ませ、生き延びるために狩りをします。視覚よりも嗅覚や聴覚が発達しているのはその為です。

獲物の痕跡や臭い、生活の音などや、外敵が近付いてくるのを鼻や耳で判断します。
生物学的にハイイロオオカミが犬の祖先ならば、立ち耳が自然で、垂れ耳の犬種は退化したという方が正しいかもしれませんが、空気の振動して伝わる音を聞く為には耳が立っている方が都合がいいのです。

そもそもイヌ科の動物の中で耳が垂れているのはイエイヌだけですしね。

スポンサードリンク

立ち耳の犬種と垂れ耳の犬種それぞれのメリットとデメリット

立ち耳の犬が劣っているわけではありません、垂れ耳の犬種にもデメリットがあります。

立ち耳の犬は通気性の良い形状の為、耳の疾患になりにくい傾向があります。垂れ耳の犬種は外耳炎やミミダニに侵されやすいのです。
特に日本の夏は高温多湿の気候ですので注意が必要です。

それ以外にもメリットはあります。性格的に神経質な犬は有事に備えて常に全力で行動できるよう緊張した状態を保ちます。そういった環境下に居るだけでも筋肉が発達したり衰えたりすることが防げます。

もっともストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌されればストレス過多になり、筋肉が栄養を使いすぎて消化管に栄養が回りきらず栄養吸収率が下がったりするようなデメリットもありますが。
それでも日本は欧米に比べて運動環境が良いとはいえませんのでメリットに挙げておきましょう。適度なストレスは必要ですし。

性格的には番犬向きと言えますので、そういった用途が飼育の理由にあるのならおすすめです。

垂れ耳の犬種ではメリット、デメリットは立ち耳の犬種と逆になりますが、多頭飼いには向いているでしょう。環境変化にも柔軟に対応できますのでそのあたりは大きなメリットです。

同じ犬種でも遺伝的要因で性格が変わる

同じ犬種で同じように飼っても生き物ですから性格も様々です。ただ犬の性格は体の色でも変わります。遺伝的要因も絡んでくるのは事実なのです。

もしこれから犬を飼おうというのなら耳の形状以外にも性格に影響がある体の色にも注目してみてください。

血統と性格は比例する!失敗しない犬選びは遺伝を抜きにして語れない

マルチーズなんかの単一色の犬では性格の違いは環境や育て方の違いで変わりますが、カラーバリエーションが多い犬ほど性格はもちろん。サイズや外見的な違いも結構あります。

それこそ血統でも違いますから、ブリーダーごとにタイプも別れる事がよくあります。ですから有名なブリーダーの犬であれば犬を見るとどこの出身かわかることも多いですよ。

ちなみにチワワやダックスが人を噛みやすい犬種というのは日本だけではなくそうした性格が遺伝で作られたと思われる研究結果を下記で紹介しています。

犬の噛むはしつけで治る?(2)なぜチワワとダックスが人を噛むのか?

まとめ

耳が立っている寝ているという違いだけなのでザックリとの話ですし、完全に個人的見解なので

こんなのでたらめだ!
うちの子は耳が立ってても穏やかでおとなしい!

という方もいると思いますが、そのあたりは育つ環境や性格の遺伝的要因、飼い主との関係性など、いろんなことで変わってきますから、ペット屋の息子のたわ言と思って聞き流して下さい。

ちなみにアイキャッチ画像はドーベルマンです。彼らは断耳しなければ耳が垂れてるというか半折れ状態ですのでどっちに分類するか悩むところですね。
まあ根元は立っている個体がほとんどですし臆病で神経質だし立ち耳でしょうね。

ちなみに僕は垂れ耳タイプです。性格的にだらしないし都合の悪いことは聞こえないので。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-勝手な考察, 店長のひとりごと, 犬の話, 犬選び, 繁殖

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.