お知らせ イングリッシュコッカー出産情報 犬の話 犬選び 病気

イングリッシュコッカースパニエルの子犬紹介に病気と遺伝子検査について

更新日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペットショップチロルの息子です。

イングリッシュコッカースパニエルの繁殖をより安全なものにするために
遺伝子検査を実施しています。

他の犬舎でも行っていることですので自慢することではありませんが
情報公開している犬舎は見当たらないようなので
先日生まれたブルーローンとブラック&ホワイトの子犬の
両親の遺伝子検査の結果を公開したいと思います。

ご興味のある方はぜひお付き合いください。

イングリッシュコッカーの病気について

コッカーは犬種的に遺伝的病気のリスクが高い犬と言われています。

インギーファンシャーはそれを承知で飼育しようという方ばかりですが
だからこそ病気のリスクが極力少ない子を選ぶために
ブリーダーから購入される方が圧倒的に多いのでしょう。

 

なぜコッカーに遺伝的な病気が多いのかと言えば
代表色の「ローン」という白毛が混ざる色にあります。
メラニン色素を発現させる細胞と遺伝的な病気は基本的に無関係ですが
毛色から遺伝的病気が予想されるケースがないわけではありません。

全ての遺伝病が染色体異常であるとは言えません。
色を発現する色素細胞は色を決めるだけでなく別の働きも持ちます。
毛色によって犬の性格などにも違いがみられるのもそのためです。

犬の白毛が混ざる体色(ローン、マール、ダップル)に病気の遺伝する仕組み

白い毛でも染色体の組み合わせでいくつかのパターンがありますが
イングリッシュコッカースパニエルの代表色ともいえる白毛が混じる「ローン」
ボーダーコリーやシェルティーなどにみられる「マール」
それにダックスの「ダップル」と呼ばれるカラーでは
色の発現の仕方によって遺伝性の疾患が考えられることがあります。

毛を白くする染色体の組み合わせで白い犬(マルチーズやピレニーズ)と
色素細胞がないから毛に色がつかない白色では全く異なります。

メラノサイトという細胞がないから白いということであれば
必要な細胞自体が存在しないことになるのでその基になる神経堤細胞もありません。

この細胞は様々な感覚器の基になっている細胞ですから
ローンやダップル、マールの白色が発現している個体では
耳の機能や目の機能に異常が確認されることがあるからです。

毛色だけで安全な繁殖はできない理由と犬の遺伝子検査の必要性

母親の胎内で成長する子犬の感覚器が正常に発達する上で
メラニン細胞(の基になる神経堤細胞)が必要不可欠になりますが
毛色が白いからと言ってその部位のメラニン細胞が不足しているとは言い切れません。

感覚器を形成するためのメラニン色素が十分だとしても
体表を覆う被毛にまでメラニン色素が行き届かない場合もあるからです。

 

外見上の体の色が同じような犬に見えても遺伝性疾患が有るか無いかは変わります。
しかし逆はありません。

毛が白くなってはならない部位が白でないのなら
メラニン細胞が感覚器に不足していることは考えられませんので
毛色から見るにメラニン細胞の不足で感覚器に異常が無いと言えます。
(実際には別の要因での疾患も考えられるためそれだけで安全とは言えません)

犬の体色での判断では交配しないという選択しかできない

一般的に安全な繁殖を心がけるのなら、外見上の体色から見るに遺伝性疾患の可能性がある
という判断しかできませんので実際には何もわからないということになります。

検査することで外見上の色に惑わされず遺伝性疾患を持った染色体かどうか判断ができるので
鼻の色が薄いピンクだったり体色が薄いクリームだったり肉球がピンクだとしても
遺伝性の病気を持った因子が無ければ交配することに何ら問題はありません。

つまり体色のみの判断では
遺伝性の病気を持った犬が生まれてくる可能性があるかもしれないから交配をしない
という選択しかできなくなります。

 

逆に一見問題なさそうな両親同士でも、劣性遺伝子に遺伝性の病気の因子が隠れていれば
25%の確率でその遺伝性の病気が発症する危険を持った子犬が産まれてくることになります。

このことから毛の色を決める因子と劣性遺伝の病気はイコールでは無いということが言えます。

なので「毛色から見るにメラニン細胞の不足で感覚器に異常が無いと言えます。」というのは事実でも
それ以外の染色体異常での遺伝性疾患が無いわけではありませんので
安全な繁殖を心がける上でDNA検査は必要
ということが言えます。

 

イングリッシュコッカースパニエルに多い遺伝性の病気の検査項目を全て実施

全てと言ってもイングリッシュコッカースパニエルに多いとされる遺伝性疾患の項目なので
犬に共通して考えられる遺伝性疾患の検査はしていません。
ただ以下全ての検査をしている犬舎はそうないと思います。

  • 進行性網膜桿状体-錐状体異形成タイプ(prcdPRA)
  • 常染色体劣性遺伝腎症/家族性腎症(FN)
  • ホスホフルクトキナーゼ欠損症
  • 腎形成異常
  • 運動誘発性虚脱

スポンサーリンク

スポンサーリンク



イングリッシュコッカースパニエルの種オスAndyと台メスRuiの検査結果

アンディーとルイのどちらも下記の証明書通り
すべての項目において疾患の原因遺伝子を持っていないことが証明されました。

さらに被毛の色の遺伝子の組み合わせも明らかにされましたので
今後の交配でどのような色が生まれてくるかが確立的に判断できるようになりました。

イングリッシュコッカースパニエルの両親と子犬たちの画像

イングリッシュコッカースパニエル特有の遺伝的疾患のリスクがないことが証明されたところで
改めて両親とその子供たちの紹介をしたいと思います。

イングリッシュコッカースパニエルの種オスのアンディ

血統的にも優秀な男の子です。

十分な骨量と肉付き、ボディバランスも良くしなやかで適度にしまった筋肉質の体に仕上がっています。
サイズ的にも扱いやすく、性格も明るく活発ながら温和で控えめで落ち着きがあります。

色柄は濃い目のブルーローンですが配色のバランスは悪くないと思います。

イングリッシュコッカースパニエルの台メスのルイ

美しい被毛でコントラストのはっきりした上品な風貌の女の子です。

女の子らしく優しい顔立ちですが毛量もあってプロポーションも均整がとれています。
歩様もきれいで性格も穏やか。自分の立場をしっかりと理解していて問題行動を起こすようなことはありません。
無駄吠えもなく献身的に子育てをしてくれるとっても良い母親です。

イングリッシュコッカースパニエルの白黒&ブルーローンの子犬達(11月22日生まれ)

以前も紹介しましたがまた改めて子犬の魅力を画像と動画でお伝えしたいと思老います。

とにかく素質は素晴らしく良いと思います。かわいいかどうかは人それぞれですが
インギーファンシャーなら一目でほれ込んでしまうのではというレベルです。

 

唯一のブラック&ホワイトの子犬は女の子ですが、骨量も骨密度もとっても恵まれた良質な子犬。
肉厚なむっちりボディーはサイズこそコンパクトですが重量感があります。

顔立ちの良さも申し分なし!配色もとっても良く白と黒の美しいコントラストが魅力をより際立たせ
幅広いマズルに量感のあるリップ、緩やかな曲線美を描く横顔は将来美しい犬になるであろうと予感させます。

今までの子犬もかなりレベルが高いと思いましたがこの子は群を抜いていると思います。

男の子だってもちろん良い犬ですよ。
ただ白黒ちゃんと比べるとこの月齢ではオスメスの差がもっとはっきり違ってもいい気がすると思わせるほど出来が良いので
正直小ぶりで線も細いと感じてしまいます。

失敗しない子犬の選び方を画像で説明!プロがみる3つのポイントとは?

ティーカッププードルや豆柴を飼いたい人に聞いてほしい体重と骨の話

ただボディーバランスはとっても良く重心の位置がしっかりと決まっているなと感じるほど姿勢が良いです。
やっぱり犬は骨量があって骨格が整ってないと美しくないですね。

顔がなんだかふてぶてしいですが成長すればきっとイケメンになると思う。いや、なる。

顔だけで見るとオスとメスの違いは一目瞭然ですね。
目がぱっちりしてとってもかわいらしいお顔をしています。
ブルーローンとしては一番きれいになりそうですね。

ご覧の通りボディーカラーは良い感じのブルーローンになるでしょう。
徐々に濃くなっていくので子犬のうちはこのくらいがベストです。

前回紹介した日から20日ほど経っていますのでずいぶんとコッカーらしい顔立ち身体つきに成長しています。
とにかくかわいさと素質は良い犬だと思います。最新の画像はまた後日アップいたします。

イングリッシュコッカースパニエルの白黒とブルーローンの子犬紹介

まとめ

とりあえずこの組み合わせで産まれてくる子犬に関しては遺伝的疾患のリスクがほぼありません。
安心して飼っていただけると思います。

最後に紹介したブルーローンとブラック&ホワイトの子犬は血統的にも犬質的にも優れていますし
遺伝的疾患のリスクがない素晴らしい子犬と言えるでしょう。

 

もしこれからインギーをお飼いになろうという方がいましたら
ぜひペットショップチロルに足を運んでいただければと思います。

毎月の健康管理をお任せいただけるようであれば子犬自体の金額は無料にるサポートプラン契約も行っています。

ペットショップチロルの「サポートプラン」契約

もちろん他店のペットショップ同様にご購入してお好きに飼っていただくこともできます。

宜しくご検討ください。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-お知らせ, イングリッシュコッカー出産情報, 犬の話, 犬選び, 病気

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.