猫の話 病気

猫が好む植物は危険がいっぱい!毒性のある植物10種と口にした時の症状

投稿日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペット屋の息子です。

珍しく2日続けて猫の話題です。予告通り今回は猫が口にすると危険な植物をまとめてみました。室内で観葉植物を育てている方は要注意です。植物の中毒やアレルギーで愛猫を亡くされている方もいます。

犬のようにしつけをするのが難しい動物ですから。猫が安全に生活できる配慮を心掛けましょう。
今回は口にしやすい部位に毒性がある物をご紹介します。万が一口にしてしまったらすぐに動物病院で受診して下さい。

スポンサードリンク

猫が食べるとかなり危険な植物

以下の植物は観葉植物としても人気があり、猫が摂取する機会が多いと思いますので気を付けて下さい。

猫に危険なチョウセンアサガオ


ナス科に属する1年草で園芸用にはダチュラの名で広く流通しています。全体に「アルカロイド」という毒性があり、猫や人間が口にすると吐き気やめまい、嘔吐、下痢、けいれんや呼吸困難を引き起こします。
挿し木で増やすことが出来ますが、その際には猫の手が届く場所に置かないように注意しましょう。

スパティフィラムは猫に毒


真っ白な花が美しく人気の種類です。
森林の湿地帯に自生しているサトイモ科の観葉植物で、見た目が可憐で茎が細いわりに育てやすい為多くの家庭で育てられています。
直射日光や寒さに弱い為室内で管理している方が多いと思いますが、葉に毒性がありますのでご注意下さい。
猫が口にすると口内炎症や唾液の過剰分泌を引き起こし嘔吐します。

猫がポトスを食べるとこんな症状が


言わずと知れた観葉植物の一種で全国で最も流通していると言われていて、ツルを切って水に差せば簡単に増やすことが出来ます。和名はオウゴンカズラと呼ばれています。
葉や茎に毒性があり、シュウ酸カルシウムの針状結晶タンパク成分が、口内の炎症や皮膚炎を引き起こします。激しい痛みも生じる為食欲不振に陥り衰弱するおそれがあります。

トマトの葉や茎は猫に有害


トマトを含めたナス科の植物はソラニントマチンなどが含まれていますので、猫が摂取すると嘔吐、下痢、血便、めまい、口内の乾燥や呼吸困難などを発症する恐れがあります。 多量に摂取すれば、けいれん、麻痺などの神経症状などを引き起こすことがあります。

熟した果実は猫に無害ですが葉や茎には毒性があります。しかも葉や茎には触れただけでも痒みや湿疹などの皮膚症状が現れる事も。

スズランの毒は猫にも人間にも危ない

スズランは草全体に毒がありますので触れただけでも危険です。コンバラトキシンコンバロシドなどの有毒物質が含まれていて、根や花に多いので注意が必要です。花粉にも毒性がありますので室内に飾るのはやめましょう。コンバラトキシンは人間でも耳かき1杯で死に至ることがあり、毒性は青酸カリの15倍です。

摂取すると嘔吐、頭痛、めまい、心不全、血圧低下、心臓マヒなどの症状が表れます。

[ad#co-1]

猫とゴクラクチョウカは相性が悪い

ゴクラクチョウカは南アフリカが原産のバショウ科の植物です。
葉の見た目は品種で違いますが、人気なのは丸い葉っぱの「オーガスタ」や「レギネ」という品種です。
草自体に毒がありますが、有毒成分は不明です。摂取すると嘔吐、下痢などの症状が出る事があり、うさぎでは死亡事例が報告されています。

猫はジンチョウゲの毒に弱い

ジンチョウゲは日本三大香木として知られていますが、常緑低木で2~3月頃に開花期を迎えます。

家庭では庭木や鉢植えで親しまれているジンチョウゲですが花、葉、果実に「ダフネチン」という毒を持っていますので猫が口にすると口腔内の水疱、浮腫、よだれ、血便などの症状が表れます。

猫に危険なユリの毒

ユリは猫にとって非常に危険な植物です。

毒性成分はまだはっきりとわかっていませんが、花、花粉、葉を食べて死亡した事例も何件か報告されています。
摂取してからの発症は早く、急速~3日ほどで腎臓の尿細管が壊死し腎不全を起こします。

アイビーは猫が食べると危険

アイビーは常緑性の観葉植物です。這うように茎を伸ばすツル性の植物で、ポトス同様に簡単に株分けして増やすことが出来ます。
繁殖力が旺盛で室外でも良く育ちますので外に出て食べてしまう危険もあります。

猫にとっての毒の成分はまだわかっていませんが、口にすると口の渇き、よだれ、腹痛などの症状を発します。

ディフェンバキアの葉を猫に噛ませないように

多年草で多肉質の茎が枝分かれして2mほどの高さまで達する大型の観葉植物です。高温多湿に強く弱い光でも育つ為室内での育成も可能です。
ディフェンバキアの葉の細胞にはシュウ酸カルシウムの結晶が含まれていますので、噛んだり食べたりすれば口内の炎症やよだれが出る事がありますが命を脅かすほどではありません。

まとめ

この記事をぜひ猫に読んで学習してもらいたいものですが、それは出来ません。
出来ることは飼い主が猫の安全を守ることです。

この他にも危険な植物は多くあり、一説には700種類以上と言われています。そもそも観葉植物は読んで字のごとく鑑賞する物ですので食べるべきではありませんから。

本日もお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-猫の話, 病気

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.