ペット保険 勝手な考察 犬の話

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんはエルやスリムでは大きく違う

更新日:

スポンサーリンク



Pocket

スポンサードリンク

ペットショップチロルの息子です。

本日はペット保険の話第3弾のペット&ファミリー少額短期保険株式会社の「げんきナンバーわん」についての特徴やメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

この保険は生体購入時に加入するのとすでに飼育している犬が加入するのとでは大きな違いがありますし、スリムでもまた違います。そのこともしっかり解説しましょう。

スポンサードリンク

ペット&ファミリー少額短期保険株式会社とはどんな会社なのか

ペット&ファミリーの「げんきナンバーわん」を初めて知った時は使い勝手の良い保険が出来たと感心したものです。その内容は以前話したアニコム損保やアイペット損保のデメリットを解消するような保険内容でした。

やはり3つの生命保険会社を傘下におくT&Dホールディングスが手掛けたペット保険だからでしょうか。業績からすればペット保険業界ではNo,3の立場で設立は2003年8月です。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんの特徴

以前お話ししたアニコム・アイペットの保険に比べれば非常にシンプルな内容で、1年間に掛かった治療費の100万円までを補償の対象にする保険です。
プランの数字が補償の割合になりますがスリムでは保険請求の日数分の免責金額を支払わなければなりません。

ちなみにネット上からはスリムにしか加入できません。スリム以外に加入するには代理店(ぜひ当店で!)で契約して下さい。

プラン名 げんきナンバーわん プラン80 げんきナンバーわん プラン70 げんきナンバーわん プラン50 げんきナンバーわん スリム プラン70 げんきナンバーわん スリム プラン50
補償割合 げんきナンバーわん プラン80 70% 50% 70% 50%
年間補償限度額 800,000円 700,000円 500,000円 700,000円 500,000円
1日当たりの免責金額 0円 0円 0円 3,000円 3,000円

ペット保険を扱う会社は損害保険会社と少額短期保険会社がありますが、No,3のペット&ファミリーは少額短期保険会社にあたります。

少額短期保険会社では破綻した際に契約者の保護制度がないのがデメリットと言えますが、ペット&ファミリーはT&Dホールディングスが100%出資していますからその心配はないでしょうし、月払いの契約であれば3,4000円程度です。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんのメリット

アニコムのどうぶつ健保ふぁみりぃ、アイペットのうちの子に比べると保険内容も大きく違いますのでメリットと思える点が多い保険ですが、比較しながら解説してみたいと思います。

ちなみに生体販売時にのみ加入可能な「げんきナンバーわんエル」は通常の保険よりもメリットがありデメリットも少ないので後半にくわしく解説しましょう。

げんきナンバーわんは補償に制限がなく使いやすい!

ペット保険の内容は大きく分けて2つありますが、1つはアニコムやアイペットのような日数や限度額の制限のあるタイプの保険です。

そしてもう1つがペット&ファミリーの年間の補償限度額内でなら日数の制限がないタイプのペット保険です。金額の制限も100万円に対しての契約プランのパーセンテージですから制限と言ってもあってない様なものです。

全ての補償を使い切る事ができるならアイペットの「うちの子70」がもっともお得ですが、入院20日以上、通院20日以上、手術2回以上を1年で行うことはまずありえません。

ちなみに計算上はこんな感じ。

通院12,000円×20日=240,000円
入院30,000円×20日=600,000円
手術150,000円×2回=300,000円
合計金額1,224,000円

対してペット&ファミリーは最大で800,000円なので数字だけで比べるとかなりの差です。

健康面でのリスクを考える方であればアイペットの方が良いのかもしれませんが、長期の入院や大きな手術をすれば高額な治療費を支払うことになるので限度日数や限度額は超える可能性があります。

その際にどちらが自己負担額が少ないかと言えば補償の割合からしても80%のペット&ファミリーに軍配が上がるでしょう。

げんきナンバーわんは保険料が安い!

アニコム、アイペットに比べて保険料が安いのも魅力です。

スリムは金額だけで見れば1,360円からと破格ですが免責金額があるので比較するわけにはいかないでしょうから、通常の「げんきナンバーわん」とアニコム「どうぶつ健保ふぁみりぃ」アイペット「うちの子」の同じ補償割合で金額の比較をしてみます。

アニコムとペット&ファミリーは加入可能年齢の上限が7歳11ヶ月ですので、保険料は7歳までを記載してあります。

70%プラン 50%プラン
ペット&ファミリー アイペット アニコム ペット&ファミリー アイペット アニコム
0歳 2,660円 2,810円 3,270円 2,290円 2,270円 2,450円
1歳 2420円   2,850円  3,110円 2,180円 2,300円 2,340円
2歳 2,880円 3,160円 2,320円  2,370円
3歳 3,230円 3,360円 2,570円 2,510円
4歳 3,240円 3,600円 3,770円 2,750円 2,840円 2,770円
5歳 3,990円 4,240円 3,120円 3,040円
6歳 3,590円 4,390円 4,730円 2,950円 3,410円 3,400円
7歳 4,900円 5,210円 3,780円 3,820円

という結果です。こうしてみるとペット&ファミリーのげんきナンバーわんがいかに安いかがわかりますね。

[ad#co-1]

げんきナンバーわんは80%補償のプランがある!

アニコム・アイペットでは最大で70%(アイペットの手術特化型のライトは90%ですが)の補償タイプですが「げんきナンバーわん」では80%の補償タイプのペット保険があります。

しかも保険料は0歳でもアイペットの70%より40円高いだけで1歳からは逆転します。1万円の治療費なら10%で1,000円の違いがありますからこの差はかなり大きいでしょう。

ただしネット上で加入可能なのはスリムのみですので、げんきナンバーわん80・70・50に加入するにはペットショップやブリーダーなどの代理店での契約が必要です。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんのデメリット

「げんきナンバーわん」は保険料も安く補償も年間の金額のみの設定で日数は無制限。至れり尽くせりの保険ですがやはりデメリットも存在します。

トップ3に入るペット&ファミリーですが、保険金と補償内容はトップ2の2社よりも優れているのに契約者数に大きな差があるのはやはりこの点が大きいのでしょう。

げんきナンバーわんは窓口清算の対応病院が少ない!

内容からすれば申し分ない保険ですがペット&ファミリーの対応病院は上位2社に比べるとかなり少ないのが現状です。

2社との比較を避けているのか対応病院数は公表されていません。もっともいくら対応病院が多くても近くの信頼できる病院が対応しているかどうかが重要ですので、対応病院の数が多ければいいという物ではありませんが。

ペット&ファミリー提携動物病院検索

げんきナンバーわんは膝蓋骨脱臼の補償がない

アニコムの「どうぶつ健保」やアイペットの「うちの子」では補償される膝蓋骨脱臼が「げんきナンバーわん」は保証されません。ただ交通事故が原因となる場合は補償対象です。

しかし面白いことにこれがスリムになると膝蓋骨脱臼が補償対象になります。

理由は定かではありませんが膝蓋骨脱臼については各保険会社でも補償が分かれるところです。

膝蓋骨脱臼については以前

犬の関節や骨の5大疾病に注意!気を付けたい犬種と治療や予防

で詳しく解説しましたが、軽度から重度までのグレード分けがされています。ペットショップで働いている経験上、膝蓋骨脱臼の疑いがある犬はかなり多いと思います。トイプードルだけでなくチワワやポメラニアン、ダックス等。ほとんどの小型犬で多く見られる症状です。

正直なところ膝蓋骨脱臼が補償されない保険となると室内飼育の小型犬での加入は個人的におすすめできません。この点は非常に大きなデメリットです。

しかしスリムでは補償されますし保険料も1,360円からとかなりリーズナブルです。しかしそのスリムにもデメリットが無いわけではありません。

げんきナンバーわんスリムは免責金額がある

保険料が1,360円となれば他のペット保険と比べても1,2を争うほどの低料金です。おまけに無制限補償ですから最高です。と言いたいところですが1日3,000円の免責金額があります。個人的にはこの免責金額の3,000円はかなりのネックです。

というのもこの免責金額は1回の請求あたりではなく1日の金額です。つまり1日の請求金額が10,000円以下であればその30%以上にあたる3,000円は支払わなければならないのです。

10,000円の治療費から免責金額3,000円を除いた7,000円の70%となれば49%の4,900円。
倍の20,000円でも17,000円の70%は11,900円。パーセンテージでは59.5%です。

スリムのメリットは保険料がリーズナブルな点ですが、膝蓋骨脱臼に補償があるとはいえそれ以外の点で健康的に心配がある犬ではそのメリットは失われてしまいます。

げんきなんばーわんは賠償責任特約がない

アイペットやアニコムのペット保険には「賠償責任特約」という保証が存在します。

「賠償責任特約」が付加されたペット保険に加入したペットが他人に対してけがをさせてしまった場合や持ち物を壊してしまった場合などに補償されるというものです。

両社の保険とも付加するかどうかを選択できますが、ペット&ファミリーのげんきナンバーわんにはこの「賠償責任特約」自体がありません。

ペット&ファミリーにはげんきナンバーわんエルがある!

げんきナンバーわんは内容的に使い勝手が良く上位2社のアニコムやアイペットよりも保険料が安いのは魅力です。しかし膝蓋骨脱臼(パテラ)が交通事故でしか補償されないのはかなりのデメリットです。

しかしペット&ファミリーには「げんきナンバーわんエル」という保険がありますが、これがなかなかの優れもの。他社よりもメリットが多く窓口清算以外の点のデメリットは見当たらないと思います。とりあえずどんな点が優れているのかをご説明しましょう。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんエルとは?

アニコムやアイペットにも「どうぶつ健保べいびぃ」「うちの子プラス」という生体購入時に加入できる保険がありますが、それと同様の保険が「げんきナンバーわんエル」です。

一般の飼育しているペットが加入する保険に無いメリットとして

  • 待期期間が無いので契約後すぐに補償開始。
  • 最初の1か月間は治療費が100%補償される(補償限度額20万円)

があげられますが、「げんきナンバーわんエル」では他社にないメリットがあります。

げんきナンバーわんエルは購入後1ヶ月以内であれば待期期間が無い!

ペットショップやブリーダーでペットを購入した際に保険に加入すれば、その日から1ヵ月間は100%の補償というのはペットショップが代理店になっているペット保険であればどの会社も行っています。しかし加入は当日限定です。

すでに飼っている犬とここまで補償内容が違うのと当日限定かと言えば、飼育環境での感染のリスクの違いや病気やけがのペットを販売することはないという前提があるからでしょう。

しかしペット&ファミリーの「げんきナンバーわんエル」では飼育開始後1ヶ月以内であれば加入が可能というのです。意外と知られていないようですが事実です。

生体販売時に加入するペット保険はなぜ1ヶ月100%補償なのかを考えた

最初の1ヶ月は環境の違いや生後幼いという事もあり体調不良になることは多いはず。なので100%の補償を付けることで加入率を上げるのが目的なんだと思います。

1度動物病院へ掛かれば獣医師との信頼関係も増し、病院へ行くことのハードルも下がり、保険の必要性を感じ継続に繋がるからでしょう。

ささいなことでも早めに診察を受けるようになればペットの健康も守れるし、大きな疾患や手術で高額の補償もしなくて済むので損害率が上がるのも防げるというカラクリなんだろうと勝手に納得しています。

げんきナンバーわんエルは販売(譲渡)時の契約であれば7歳未満は加入できる!

これも知らない人が多いと思いますが、おそらくペット&ファミリー以外の販売時契約の保険は1歳未満のはずです。そもそも1歳以上の犬猫を販売する機会はほとんどないし、ペット保険に加入しようって方も珍しいですから。

なのでよほどペット&ファミリーのことに詳しくなければ知らない情報でしょう。ただ当店(とペットショップチロル)は店頭の全犬猫と飼育犬をサポートプランという里親制度で生体代金無料譲渡しているので知っているのです。

げんきナンバーわんエルは膝蓋骨脱臼(パテラ)の補償がある!

「げんきナンバーわんエル」ではスリムと同じく膝蓋骨脱臼の補償があります。

ただしグレード~のうち2までが対象となっていますので3以上では補償対象外です。個人的には2以下が保証されるのであれば全く問題ないと思いますし、グレードも譲渡する方の判断で良いとの事ですから。

このデメリットが解消され迎え入れた後1ヶ月の猶予があり年齢も7歳までなら言うことないでしょう。

まとめ

ペット&ファミリーも対応病院が増えてくれば勢力図も入れ替わるかもしれませんね。保険請求の方法がどうであれ窓口清算可能なら関係ありませんから。

コストパフォーマンスはとても良い保険ですし、T&Dの後ろ盾があれば安心ですからね。まあ契約したことが無いので実際の使い勝手は分かりませんが。

今のところおすすめのペット保険ではあります。ただ最近取り扱いを始めた保険会社の保険もまた違った意味で優れモノでしたので後日お話ししたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ペット保険, 勝手な考察, 犬の話

Copyright© ペットショップチロルの息子です , 2018 All Rights Reserved.